忍者ブログ
日頃思ってることをつらつら書いている日記のようなものです。

aikataという呼び方

最近過去の空観察とかの画像やファイルを捜してたりする。で、昔のaikataが書いた文章が見つかったのでここに書いとく~(本人が載せていいよと言ったから)

以前aikataもHPやろうとやりかけたことがある。けど中断してそのまま…。

--------------------------------------------------------------------------

相方的日常

前文 相方さんが通る

相方1

「呼び方の問題」

ところで何故私は「相方」なのか、てゆーか「相方」と呼ばれるのか。

一般的な呼称で検討してみますと

「主人」  まあ普通の言い方だろうけど、主(おも)な人と言われてもなあと思う。

       また(主人=MASTER)で何やらSMぽくってこれも妙になんだか。

「旦那」  死語。これを言う奴の言葉の裏にこめられた悪意を感じる。気のせい?

       いや間違いない。

「夫」    よく使われる呼び名だ。対義語の「婦」及び「妻」が「きうた」にはダメらしい。

「パートナー」   なんだろうけど、少し「お上品系」、「啓蒙系」なところがダメか。

「ダーリン」    ・・・・・・・・・エロいがこれを言われて嬉しいか?

昔、どこかのフェミニストの方が自著の中で、自分の戸籍上の片割れを「相方」と呼んでいるとか何とか書かれておりまして、フェミニズムもましてや「ジェンダー」の問題も実のところよく理解していないにも関わらず、入籍前からどちらかといえばいわゆる夫婦関係以上にライバル関係(何の?)だった我々であった為、「きうた」がこの便利な呼び名に飛びつくのも無理もなく、私も特に反対する理由もなく、この呼称に落ちついたわけなのであります。

但し、世間的には「お笑い」の相方という言われ方くらいしか耳にしないもので、何かマヌケな感もなきにしもあらず。

 

04/05/27

PR